よくある質問

1.使用中の充電に対応していますか?

はい、車両やソーラーパネルなどで充電する場合、発電所は充放電に対応しています。ただし、機械のバッテリーが少なくなったり、切れそうになったりする場合は、DC 充電に接続している間は出力しない方がよいでしょう (ソーラー/車両充電);このとき、電力の入力が出力電力以下の場合、デバイスは電力を消費し続け、電力損失につながり、最終的にバッテリーを損傷する可能性があります。

2.バッテリーの手入れと保管

  1. 水、熱、その他の金属物から離れた、0°C~40°Cの環境温度で製品を使用または保管してください。
  2. 長期間(3 ヶ月以上)使用しない場合は、定格容量の 60~80% を維持してください。長期間保管する場合は、3 か月ごとにバッテリーを 30% まで放電し、60 ~ 80% まで充電してください。 6 か月以上充電および放電されていない製品は、無料の製品保証の対象外です。
  3. 安全のため、45℃以上または-10℃以下の環境で長時間保管しないでください。
  4. バッテリー寿命を延ばすために、10°C ~ 35°C の環境温度で製品を使用してください。

3. 無停電電源装置 (UPS) はどのように機能しますか?どれくらい速いですか?

ポータブル パワー ステーションが壁に差し込まれている場合、差し込まれている電子機器はすべて、バッテリーではなくグリッドから給電されます。停電のようにグリッドからの電力が停止すると、発電所は 15 ミリ秒以内に自動的にバッテリー電力に切り替わります。

このステーションは、バッテリー寿命を損なうことなくパススルー充電をサポートしています。

AC 入力で充電する場合、AC 出力の最大電力は 1800W です。

DC 入力で充電する場合 (ソーラー パネルまたはカーチャージャーを介して充電する場合、AC 出力の最大電力は 2200W です。

AC 入力 + DC 入力 (ソーラー パネルまたはカーチャージャーによる充電) を同時に充電した場合、最大 AC 出力電力は 1800W です。

4.自宅でルーターのwifiが見つからない

  1. IOT ボタンをもう一度押して、発電所との再接続を試みます。 2. 別の電話ホットポットをルーターとして使用します。デバイスをホットスポット ネットワークに接続できる場合は、ルーターの Wi-Fi が 2.4 GHz ではないことを意味します。この場合、ルーターの設定を変更できます。

5.製品を飛行機に持ち込むことはできますか?

いいえ、この製品はリチウム電池です。危険物の輸送に関する国際基準および規則によると、100 ワット時を超えるリチウム電池は機内持ち込み手荷物に入れることができません。

6.サードパーティのソーラーパネルから充電できますか?

はい。DBS2300 は、10 ~ 75 V DC、最大 10 A で、ソーラー コネクタを備えたポータブル ソーラー パネルと互換性があります。合計ワット数が約 600W のソーラー パネルを使用することをお勧めします。